トップに
戻る

1周年経ちましたね!スカイツリー

と言うわけで・・・。早いものですね。もう一年ですね。まだ相変わらずの人気のスカイツリー!ですが、皆様はもう行かれました?

最近は、皆さんそれぞれ好みのベストショットスポットがあるなど、写真を撮って楽しむ方もいらっしゃる中、わたくし・・・先日3回目のスカイツリーに行っていきました。←単に物好き

1回目はフライングした形で建築中に・・・。

2回目はOPEN後、研修で初展望台へ・・・。

3回目はさらに上の展望回路へと順番にレベルを上げて・・・って一度に行けとつっこまれそうですが・・・。

最初はそもそも目的は浅草だったんです。それも隣のかっぱ橋道具街や浅草へ用事があったものですから、そのついでのついででスカイツリーを見に行ってました。DSC00128←吾妻橋とアサヒビールの本社と。

丁度最後の足場をゆっくり降ろしているところだったので、下町の押上をぶらぶら。ヘルメットをかぶってるおっちゃん達を横目に「まだ登れんのよね(-∀-`; ) それなら東京の下町に来るのもそうそうないので、ベストショットを狙うべくうろうろ。

DSC00136

2回目のスカイツリーは、先ほども書いたように、研修での事でした。がっつり訪れたのはこれが最初。東京メトロ半蔵門線に乗車し

 

「とうきょうスカイツリー駅」で下車。真新しいリニューアルされた駅構内から、エスカレーターで1階へ。

大きな案内表示がありその案内表示にしたがって進むと、目に飛び込んできたのは、はとばす!はとばす!はとばす!!!。はとばす専用駐車場か!?と言わんばかりの黄色いバスが並ぶ。

ここは団体バス駐車場。「みなさまそろって、はい!チーズ!」と写真を撮ります。その写真撮影の場を過ぎると、なにやら東京の絵地図のようなものが壁一面に見えてきました。

「隅田川デジタル絵巻」です。よく見ると、ライトでてらされている箇所が動いてる!人も車も飛行船も、千手観音も、風神雷神も!? なんか面白いぞ!ってことで進む足が止まります。上手にできてある。一目で、隅田川周辺の観光案内が分かるようになってるみたいです。DSC00003

ここで、止まっている訳にもいかず、すぐ隣のエレベーターで4階へ。

ここは入口カウンター。一般のお客様は当日券を求めたり、パッケージ商品のオプショナルで日付指定の引換券を当日券と変えたり、webで申し込んだ時間指定のチケットもここで入場券と引き換えです。

DSC002534階のチケットカウンターです。

当日券のお客様でごったがえしたフロアー、まるで一つのアトラクションに乗るために並んでるかのような、列ができてました。

DSC00252←これは列じゃないけど・・・

天望デッキに上がれる人数も限られてるだろうから、混んでいる日は3時間待ちとか当たり前だそうで整理券を配ってました。←〇〇時にもう一度来てください。それまではソラマチ隅田水族館などで時間をつぶしてください・・・・。という事らしいです。

そんな列を横目に説明をうけて、いよいよ天望デッキに上がるエレベーターホールへ。

 

このエレベーターホールに行く前に簡単な手荷物検査と先ほど引き換えた当日券を二次元バーコードで読み取らせてゲートをくぐる。

エレベーターホールの上は江戸キリコをまねた幾何学的な模様の天井。DSC00254

ここでまず出ました。1回目の「ほぉ~」 まるで田舎もんです。

しばらく待って、エレベーターに進む訳ですが、この日は4台のエレベーターがフル稼働してました。エレベーターの中はそれぞれ、江戸の四季をイメージしたデザインらしく「春「秋「冬」と様変わりします。最初に乗ったのは「冬」でした。銀色や白を基調としたデザインで落ち着いた冬をイメージ。

DSC00256

エレベーターに乗ると、CMに出てくるような画面で、あれよあれよという間に上昇。あっという間に地上350M上空まで到着した。はい。2回目の「ほぉ~」出ました。

DSC00259

天望デッキにつくと、東京の景色が一瞬で目に入ってきて、「ほぉ~」と言うより「わぁ~~~~!!」の歓声が上がりました。360度見渡す東京の絶景かな~!

DSC00263←隅田川と浅草です。

東京タワーがちっちゃく見えました!感動と一緒に思ったのが、人人人!こんな沢山の人がいてて凄いな・・。でした。天望デッキにあるカフェやスカイツリーショップは、人があふれて店に立ち寄れない状態。ここでしか買えない限定ものもあるらしく、見ておきたかったけど、それはまた次回。

滞在時間も残り少なくなってきていたので、天望回廊へは待ち時間20分だったんですが諦め、

 

適度に350mからの眺めを堪能しつつ下へ降りる事にしました。

下へ降りるエレベーターは、くるっとエスカレーターや階段など順路にそって340mまで降りて、エレベーターに乗ります。340mフロアーには硬化ガラスで作ってあるガラス床があり下を眺める事も出来ます。

DSC00268

 

っとここまでつらつらと書いて・・・高所恐怖症の人はたまったものではないでしょうね。わたくし、高いところ大好きなのでいつまででもいてられるのですが、人が多すぎて人に酔ってしまいました。←普段田舎にいるもので・・・。沢山の人ごみは苦手でございます。

さて帰りのエレベーターはどんなデザインかな~と楽しみでした。行きが「冬」だったし・・・今度は?・・・あっ「秋」だ!秋は江戸の祭りをイメージした感じで神輿の上の鳳凰がデザインされていました。冬の銀色と違って、今度は金色で、神々しいイメージでした。

DSC00269

さてさて、下の階に降りてきた訳ですが、外せないのが東京ソラマチ

なんでもここでしか手に入らない限定もののスィーツがあるそうで、東京スカイツリーにちなんだスィーツが所せましと売られてました。なかでも大人気なのが、「東京バナナツリー」

実はわたくし、限定もののに目がないのでございます。がしかし、めずらしく下調べをせずに来たものですから、同じ研修グループの方に教えてもらっての購入でした。

普段の「東京ばなな」とちがって「ちょこばななクリーム」が中に入っているヒョウがらの「東京ばなな」。えぇ。しっかり会社にもって帰りご賞味させていただきました。美味でございました!

 

続きまして3回目です。

今年に入って春に行ってきました。その日は風が強く、前日のスカイツリーのホームページを見ると運転を見合わす可能性があると・・・。見合わした場合は翌日以降に振替になりますと。

う~ん。翌日になったら、今回の東京旅行のスケジュールを入れ替えるだけで済むんだけど・・・、でも振替はちょっとイヤだな。そんな事を思っておりました。でも、どうなるかわからないし、とりあえず行ってみよう!!

てなことで、今回は新幹線を降りて東京駅からバスにて向かいました。__←東京駅のバス停案内表示です

東京駅からは「八重洲南口」出るとすぐに案内看板があってすぐバス停を見つけられました。バスが来るまでもちろん、待つ訳ですが、あれよあれよとバスを待つ列が増えていきました。

料金は乗車する際に払って乗るんですが、小さいスーツケースもそのままバス車内に持ち込みらしく、座ってる座席のスペースに置くもんだから、座席が狭くって・・・。ちょっと1時間がつらかった。

3度目のスカイツリーに到着。DSC00246

スーツケースをソラマチ内のコインロッカーに預けて、4階の引き換えカウンターへ。

案の定、強風のためエレベーターは4つ運転しておらず、案内は日付指定又は時間指定の入場券を持っているお客様のみの誘導。当日券は発行されてませんでした。

いやはや、前もって買っておくべきですな。

またエレベーターに乗って第1展望台へ行きました。

 

今回のエレベーターは「」。隅田川の花火をデザインしたタイプでした。江戸キリコでできてあるようで、エレベーターの壁面4面のうちのどこかにスカイツリーがかくれているとか?ないとか???

DSC00261

第一展望台について景色を見たものの・・前回見てるし、今回は天望回廊に行ってみよう!待ち時間もなかったし。ってことで、また1000円払ってさらに上へ。

__1←チケットゲット♪

さて、また天望回廊専用のエレベーターに乗って上へ。っとそこで上を見てみた。

DSC00007

おぉ~~!昇ってる♪昇ってる♪ 上がガラス張りになっててびっくり。でも、長いこと見てると気分が悪くなってきたので、早々と見上げるのをやめました。

天望回廊到着♪

DSC00010

くるっと見渡してみると・・・・景色はやはり100mさらに上空へ来た分、ここでも絶景かな~♪

待ち時間がなかった分、天望回廊での人の多さは少なくて、ゆっくり景色を楽しめました。

DSC00014

と、そこでトイレに行きたくなってトイレを探すと・・・またまた女性の所には列が・・・。それもそのはず、そんな数ないんですね。団体が来るとトイレすらいけない状態にスカイツリー内では陥りそうですな。

さて、天望回廊も楽しんだし、お腹も空いてきた事だし、ソラマチ散策と行きますかね~と第1展望台へ降りてまいりました。下りのエレベーターの所まで来ると、またまた長打の列!!!

あぁ!!エレベーターが全部動いてなかったんだった!しまった!おまけに中学の修学旅行生達と鉢合わせ・・・。一番降りるときが並びました。どっと疲れがでちゃいました・・・・。結局30分以上待って降りました。

その後、ソラマチを散策・遅めのランチをとって、次の目的へと移動しました。

あっこの日も、もちろん「東京ばななツリー」を買って帰りましたとさ。

 

By 東京うろうろ娘 山本でした。

 

 

← 前のページに戻る

Site Home