トップに
戻る

♪♪昔に行った南米旅行を想い起こして♪♪

私事で恐縮ではありますが3年前に北海道、2年前に東京ディズニーリゾートといずれも
会社の研修旅行で行かせて頂いた旅行のみでプライベートでは暫く旅行に行っておりません
ので今回は一昔前ではありますが13年ほど前に行った南米旅行の事を書いてみたいと思い
ます。
13年ほど前なので2002年頃になりますが、当時、知り合った南米の友人宅へ1
週間ほど会社へ休暇を頂いて旅行をする事になりました。当時、友人はロンドンで短期留学
をしており、その留学が終わり、故郷である南米ボリビアへ帰るのにあわせて私も3日~
4日、宿泊させて頂くというもので、パッケージツアーではなく格安航空券のみ事前手配
する旅行でした。具体的には大韓航空で関西空港からソウル(仁川空港)乗換でロンドンの
往復の航空券を当時9万円ほどで「マップインターナショナル」という会社で購入しました。
当時はHISとマップインターナショナルは格安航空券の草分け的存在の個人旅行大手2社
でした。(現在マップインターナショナルは統合されたかで無いようですが)
又、乗換地の仁川空港も完成して数年か間もなくで非常にきれいで大きく以前からあった
金浦空港とは全然、違うのを覚えています。ロンドンから先は友人にロンドン発着でボリビ
アの往復航空ロン券を購入してもらいました。航空会社はヴァリグブラジル航空でロンドン
(ヒースロー空港)からブラジルのサンパウロで乗換え、サンパウロからボリビアの2番目
に大きい都市である「サンタクルース」で乗換、知人の故郷であるボリビア第3の都市
「コチャバンバ」へと進みましたさすがにロンドン~サンパウロ間はアジア系の人はほとん
どおらず機内の会話もポルトガル語かスペイン語のみという感じでした。ちなみにボリビア
の首都はラパスという都市で標高4000メートルの場所にあり、日本の富士山がたしか
3千700メートル位だと思いますのでそれ以上の高地にあるという事になります。
ロンドンで、おちあった友人からヴァリグブラジル航空券をもらい念の為、自分の名前の
スペルをチェックしたところ心臓が止まりそうになりました。当時も他の旅行会社に勤めて
おり、ローマ字のスペルが違うとどういう事を意味するかは当然、知っておりました。
(具体的には名前がKAZUTOSHIが正当のところKASUTOSHIと3番目の文字
がZがSになっていました)まあ最悪は飛行機に乗れず私だけ出発できないか飛行機に乗れ
ても変更の手数料がかなり掛かるのは覚悟しました。友人にも言いましたがラテン系の気質
もあり、全然、気にしておりません。航空会社へチェックインの順番がせまって私のドキド
キ感はMAXに達しました。私の順番がきておそるおそるパスポートと航空券をだしました
が日本のパスポートだったのかもあるかもしれませんがあまり細かいチェックもせず気付い
ていないのか飛行機に搭乗する事ができました。これだけテロなどに警戒している現在では
無理だと思いますが。さて、そんなこんなで目的地の「コチャバンバ」へ到着したのは現地
時間で21時位だったと思いますが友人の家族が総出で空港に迎えに来て頂き、ご自宅は、
到着したのは22時ころでしたが遅めの夕食を御馳走になり遅い時間にも関わらず、友人の
兄弟がギターを引いてラテンの熱いもてなしを受けたのを想い出します。
ラパスと同様でコチャバンバという都市も2千メートル級の山々の中にある街でガイドブッ
クなどで高山病にならない為の注意事項で食べ過ぎない、アルコールをたくさん、摂取しな
い、タバコはも控えた方が良いなど注意していたのですがついつい度を超えてしまい
到着、翌日の夕方くらいからダウンしてしまい予定していた観光などは行けずじまいで結局
友人宅の近くで買い物をしたり、友人の親戚宅に遊びにいかせてもらいました。
ボリビア自体が発展途上国という事もあり第3の都市である「コチャバンバ」も裕福な、
居住区と貧困層の居住区がはっきりと分かれておりました。友人の居住区は後者あり、
日中でも一人で街をブラブラ歩くのは禁止されました。又、友人の親戚宅へ行く途中、
(山間部)にあるお店なども動物園のオリのような中に品物や店員さんがいて真ん中にある
数十センチ四方の小窓を開け閉めして品物と金銭のやりとりをする店が多く、地区に
よっては現地の方でも危険と隣り合わせで生活されているようです。
発展途上国へ旅すると毎回、感じる事ですが、あらためて日本の安全と便利さが保障され
ている国に生まれた事を感謝させられます。現地の観光情報ではなく私の旅行日記みたいに
なりました事をお詫びします。観光情報などはガイド
ブック等でご参照下さいませ。十数年ぶりに私も時間&金銭的余裕があれば南米へ行きたく
なってきました。
皆様のなかでも久しぶりに旅してみたいと感じられたら是非、最寄のツーリストジャパン
までご相談下さいませ。

レインボー小倉店 吉冨和利

← 前のページに戻る

Site Home