トップに
戻る

この景色に逢いたくて

この景色に逢いたくて、ハウステンボスと長崎1泊2日の旅


★この行程、決しておすすめいたしません★








1日目は★キラキラ★ハウステンボスです!


JRで行くと新大阪~博多~ハウステンボス 約5時間


今回の往路は飛行機を利用しました。


伊丹空港 09:50発 - 長崎空港 11:05


路線バスで大村駅 ~ハウステンボス12:33に到着です。約3時間です。


ホテルはハーバーゾーンにある『ウォーターマークホテル』



ウエルカムゲートよりシャトルバスが出ています。そのままホテルへ


ハーバーゾーンは宿泊者として入れますが、キラキラ景色をみるにはテーマパークゾーンのチケットが必要なので1DAYパスポートを購入しました。


いかにパーク内を制覇するか!がポイントです。


先ずは‘テーマパークゾーン’にある『ダム・トールン』塔へ


塔の高さは80M!昼と夜の景色が楽しめます。


        

塔の横には『カナル・クルーズ』乗船場があり、ウエルカムゲート近くへ(夜は+400円)


一旦、外に出て昼食です。コンビニも向かいのホテルにあります。


昼食後、再入園(オフィシャルホテルは何度でも再入場OK)して


『フラワーロード』でチューリップを見ながら、園内を散策。


テーマパークゾーンからハーバーゲートを通り抜け



オランダの宮殿を忠実に再現した『パレスハウステンボス』


6月24日まで開催されている『ミュシャ展』へ (+300円) 宮殿内で見るのも


オシャレ感があり素敵でした。


この建物は夜になると正面は『プロジェクションマッピング』(約10分)が楽しめ、


終わったら、中庭に周ると『光のオーケストラ』がご覧いただけます。(約10分)



そして、またテーマパークゾーンに戻り『光の滝・ブルーウェーブ』


キラキラ光の中、ウォーターマジック』音楽にあわせた噴水ショーもおすすめです。


パーク滞在が8時間、入りきれていない施設がまだまだあります。


 

2日目はホテルより駅まで送迎をお願いし、8:15発のシーサイドライナーで早岐駅へ。


この駅でレンタカーを借りました。


今日は走ります。時間を計算しながらのドライブです。


8:40~早岐から佐世保へ。佐世保基地を横目に


★西海国立公園内にある『展海峰』



展望台から九十九島の真っ青な海と空、みどりが眩い島々を見たあと


振り返る、一面の菜の花畑が期間限定でご覧いただけます。


車を北へ走らせ『平戸大橋』へ真っ赤な平戸大橋を渡り、



次は山道を上り『川内(かわち)峠(とうげ)』へ 峠の上の360度のパノラマも絶景です。


 

峠を下り生月島


青色の『生月(いきつき)大橋(おおはし)』渡つたところに道の駅。


この島は右回りで一周するのが、おすすめと道の駅のお姉さん。



島の左側を通る道は、♪あ~○~た~に、逢いたくてへ~ ♪


車のCMでお馴染みのロケ地です『サンセットウェイ』の名前の如く、


夕方がおすすめのようですが 日中も綺麗でした(^O^)


 

これが『逢いったかった景色』です。


『人津(ひとつ)久(く)浜(はま)』『根(ね)獅子(しこ)浜(はま)』 遠浅の浜が続き真青な海と空!



干潮の時間から1時間、撮りたかった写真と違ったけれど大満足です。


余韻に浸りながらも、先を急ぎます。


日本最西端の駅『たびら平戸口駅』のどかです~



海沿いの平戸街道を東へ、目的地は『唐津』の中でも『高島』


唐津から船で約15分、この日、最後の定期船に間に合いました。



ご存知の方! そうです! 以前のスタッフブログ登場していた。


『富当神社』へお参りです。 島の滞在は1時間予定


島には、お土産物屋が3件、そのなかの1店舗で宝くじが購入できます。


ご利益がありますように!


この時すでに17:30分


 

後は最後の目的地『糸島』です。インスタ映えするポイントがあり


若い女性に人気のスポット!主に海岸線沿いにあります。


夕日スポットの『二見ヶ浦』です。 駐車スペースがあります。



話題の『Beach Cafe SUNSET』映え、スポットです。


そして『ジハングン』の大きなブランコと黄色の自動販売機


そして、そして『ざうおの、やしの木ブランコ


糸島から博多に帰る順番にありました。


横目で通り過ぎながら、博多駅へと向かいます。


19:45 無事レンタカーを返車して


新幹線で帰ってきました。


皆様には2泊3日にてご計画下さい。


ハウステンボスは1日では、回りきれません。


平戸は、歴史めぐりが楽しめます。ぜひこの島で1泊。


最終日に呼子で『イカを満喫』もおすすめです。


ぜひ、ご計画下さい~ もりた


 

← 前のページに戻る

Site Home