トップに
戻る

中央ヨーロッパへ行ってきました(⌒0⌒)/(スロバキア~チェコ~ハルシュタット編)

4日目はスロバキアのブラチスラバ城と旧市街観光です。
マリアテレジアの居城であったお城は「ひっくり返ったテーブル」の愛称で親しまれ、
旧市街にはユニークな像があります!頭をなでるとお金持ちなるらしい・・・
2015061212272300 2015061212275900 2015061212273800

そして、世界遺産のチェコのレドニツェ城を巡りプラハへ。

この日のホテルは、地下鉄駅まで徒歩2分
ライトアップされた街が見たいなぁ? 時間は22時前。もう遅いよなぁと思いながらも
取りあえず駅まで行ってみた!最終電車は24時過ぎ、乗り換えもできるかも?
女性も乗ってる! ちょうど電車が来た・・・・乗ってしまった。
ナームニュエスティレププリキ駅で降り、モザイク画で彩られた市民会館を横目に旧市街へ
広場の時計塔の鐘が23時となり、からくり時計が始まりました。
15年振りに訪れた広場は、時間が止まっていました。
ライトアップされたティーン聖母教会石の鐘の家
懐かしい記憶をたどりながら、しばらく佇んでいました。夜の街は幻想的でした。
2015061211384900 2015061212285100 2015061212293600

5日目はプラハ城の観光から、
聖ヴィート大聖堂のステンドグラスは、細かな切り込みが素晴らしいものや、
保険会社がスポンサーで、それを踏まえた模様とか逸話も楽しいですが、
中でも”ミュシャ”ステンドグラスは、色使いやデザインが他を圧倒していました。
一目で「違うー」って思います。もっと勉強しとけば良かったーと思いました。
2015061212301200 2015061212304800 2015061212303200

旧王宮は現在は大統領官邸、旗が掲げてあるので、今はこの中で執務中です。
城内の観光後は、正門からカレル橋へ向かいます。30体の偉人像があるなか、
唯一の銅像'聖ヤン'の像に触れると、幸せになると云われてます。
何回も触れました~どんな幸せに巡り合えるでしょうか?
川面に映る建物や街の重厚感、そして昨夜見た、時計塔
2015061211381100 2015061212330500 2015061212311500

僅かばかりの自由時間、時計塔の上に登りたかった!
ゆっくりお茶でも、って時間もなく、バスはチェスキークルムロフへ向かいます。

ブルタヴァ川の上流にある世界遺産の街。
チェスキークルムロフ城から、川が大きく湾曲した旧市街が一望出来ます。
観光客が去った夕暮れの街中、何か良いものはあるかしら?と散策!
通貨はチェココロナ!ゴブラン織りぽい鞄やガラスの爪ヤスリなど
(一本60コロナ、約360円) ちょこっとお土産におすすめです。
今日のホテルは街の中心地。こんな良いロケーションにビックリです。
私の部屋はシングルベットに、階段を2段上がってバスルーム
カーテンを開ければ隣の建物やお城が見える、こじんまりと可愛いお部屋でした。
2015061211315100 2015061211321800 2015061213192300

6日目は世界で一番美しい湖畔の街'ハルシュタット'
岩塩の発掘でも有名なこの街の中には、可愛いお店が湖畔沿いに連なっています。
民族衣装を着て街を散策しよう!のポスターがありました。どこかで見た光景です。(^o^)
祝日と重なったこの日は、道路は渋滞、一本道のこの観光地もバカンス客でいっぱいです。

2015061211341900 2015061211344600 2015061211351100

後で知ったのですが、ここには人気のオプショナルツアーがありました。

岩塩坑の滑り台ツアー、作業員が少しでも早く、
地下の現場に到着するために作られたもので、スリル満載!
次回の楽しみができました。
つづく

← 前のページに戻る

Site Home